MENU

ブーツで足が蒸れたときは?

秋の時期に入ると素敵なブーツを身に着けた女性が出てきます。

 

しかし、ブーツというのは思いのほか足がむれるので、臭いやむれに手を焼いている人もかなりいます。

 

ブーツを履いていてむれた足の臭いというのは、公の場所で靴を脱ぐときなどハラハラしてしまいます。

 

特に女性はストッキングなどナイロン性のものを使用することも数多くあり、足がむれる条件がいろいろと重なっています。

 

また、ビジネスマンでは安全靴や革靴を1日中履いている状況もあるでしょう。

 

革靴や安全靴などは空気があまり通らないので、靴の中がこもった状態になって、劣悪な靴内環境になっています。

 

風通しが良いとは言えない革靴や安全靴ばかりを履いていると、足がむれるようになってしまいます。

 

足がむれることから免れる手段は、空気がよく通る靴を履くようにするのが望ましいでしょう。

 

しかしながら、ファッション性を追求したい人や仕事をしている人は難しいでしょう。

 

そのような人は、足がむれることを抑制するインソールといったアイテムを使うのも一つの手です。

 

インソールに関しては、通気性の高いメッシュ素材やパウダーの効き目で足がむれるのを防ぎ、さらさらの肌触りを持続してくれます。

 

インソールの中にはむれた足の臭いを消し去ってくれる効き目が備わっているものもあるため、足の臭いへの対処方法としても有効です。

 

なお、汗の吸湿性に優れた靴下を身に着けるのも足のむれ対策として有効です。

 

バラエティに富んだ靴下の素材のうちで、どの素材よりも汗をきちんと吸うのは絹の靴下と言われています。

 

絹でつくられた靴下は汗を吸収し、それからこれを外に出すというパワーがありますから、履くようにするといいでしょう。

このページの先頭へ