MENU

足がムレるとどんなデメリットがあるの?

別の部分から発生する汗と照らし合わせて、足にはそれほど汗をかかないという印象がありますが、実際には毎日コップ1杯分くらいの発汗量があります。

 

空気が通りにくい靴を長時間履いていれば、足の裏にかいたコップ1杯分もの汗が靴の中に溜まったままになります。

 

溜まったままの汗は、靴の中の湿気を増加させて足をむれさせる原因となります。

 

素材がポリエステルやナイロンの靴下だったりそれ以前に靴下を着用せずに靴を履いてしまうと、足がかいた汗を吸い込むことが困難になって足がむれる問題を引き起こします。

 

さらに、足がむれることによってくさい臭いが引き起こされてしまい、臭いがするのではないかと思い靴を脱げないといった負のスパイラルに陥ります。

 

さらに、足がむれるために出てくる不都合な点というと、下半身が冷えてしまうというものがあります。

 

足がむれるのと下半身の冷えを招く関係性はわかりにくいかもしれませんが、実のところこの二つは強い因果関係で結ばれているのです。

 

足の裏から発せられる汗を吸い取り、発散を行えず、靴内に留まった水分が足のむれを招きます。

 

滞った水分は外に脱出する術がないのでこのままその部分に存在します。

 

靴内で処理されずにいる汗はいずれ冷えるので、足が冷やされてしまうことになります。

 

足がむれるということは気持ちの悪さや臭いだけの話ではなく、下半身が冷えるという悩み事までも起こすことになってしまうのです。

 

健康に気をつけるためにも、足がむれるという状態は避けるべきでしょう。

 

オシャレを楽しむのは悪いことではありませんが、足のむれの要因を十分に除去する対策を行なっておきましょう。

 

それに、足から生まれた汗を吸収してしまった靴も足がむれる問題に結び付きます。

 

1日中着用した靴は2〜3日は陰干しをし、乾ききってから履くようにすれば足のむれが軽減されます。

このページの先頭へ